Top >  その他結婚式にかかる費用 >  心付けの費用

心付けの費用

結婚式場などでお世話になる人に渡す心付け。。。

ご祝儀ともいわれますが、

誰にいくらくらい渡せばいいのでしょうか。


心付けを渡す相手としては、会場の担当者や、着付けの係、

美容師、プロの司会者や、プロのカメラマン、介添人などです。


金額は、会場の担当者や美容師、着付け係は、5000円ー1万円、

司会者、カメラマン、介添人は3000円ー1万円を

目安にするといいと思います。


また、司会や、写真係を友人に頼んだ場合も

忘れずにお礼をしましょう。


お金を渡す場合は、ご祝儀の半額ー同額を渡します。


お金じゃなくても、後日、品物を渡したり、

食事に招待したりする人もいるそうです。


心付けの場合は、新札のお金を

「寿」とか、「ご祝儀」と書いたポチ袋に入れます。

水引は紅白の結びきり、よく見る袋です。


そして、司会者や担当者などには、両家の姓を書きます。


新婦さんの着付けや美容師の方には

新婦側の姓だけでも大丈夫です。


その心付けを、その係りの仕事が始まる前に渡すのがいいですね。


美容師や着付けの人には、新婦さんから、

その他の係りの方には新郎から渡します。


でも、もしできることなら、両親や兄弟にお頼んだ方がいいと思います。


当日って、ほんと、緊張するし自分のことで精一杯。。。

心付けのことなんて、結婚式が終わってしばらくするまで、

すっかり忘れていたくらいです。。。


私は親に頼んでおいたのですが、そうしてよかったと思いました。


心付けも、渡す人の人数は当日にならないと、

何人か分からないと思います。


なので、大体の人数を計算して、少し多めに用意しておいた方がいいので、

この費用も結構かかりますね。

         

その他結婚式にかかる費用

そのほか披露宴にかかる細々したもののお金を
説明します。

このカテゴリ内の記事


芳名帳・メッセージ
ウエルカムボード
両親への花束代
プチギフト費用
持ち込み料
宿泊費・交通費
心付けの費用







Yahoo!ブックマークに登録