Top >  披露宴・新郎新婦にかかる費用 >  介添料

介添料

結婚式当日、新婦の身の回りのお世話をしてくれる人のことを

介添え係りといいます。


当日、挙式や披露宴のときに、和服を着たお手伝いさんが一人、

主に新婦さんにずっとついていてくれる人です。


その料金を介添料といいますが、

この介添料は普通は自動的に加算されています。


打ち合わせの時には介添え係りといっても

なかなかピンとはこないと思います。。。


私も打ち合わせの時には、そんなお手伝いしてもらわなくても

平気なんじゃないの?と思っていましたが、

当日、介添え係りさんのありがたみがよーくわかりました。


私はウエディングドレスを着たんですが、

このドレス、見た目はとっても素敵だけど、

着てる本人は結構大変なんです。


それに普段履かない9センチの高いヒール・・・

歩くだけでも大変でした。


それに挙式する会場まで、披露宴の会場まで、お色直しなど、

結構移動が多かったりするんですね。


ドレスって後ろが長いし、しかも重い。。。

後ろを介添え係りの人に持ってもらったり、

ほんとにお世話になりました。。。


化粧が落ちないように飲み物もわざわざコップにストローをしてくれたり、

座るとき椅子を引いてくれたり、

1日お嬢様気分を味わうことができました(^^)


また、出番を待ってる間、世間話してくれたり、

緊張をほぐしてくれたりもしてくれました。


この介添え料は、大体5000円ー1万円です。


当日、この介添料って、安いなぁ。。。って思いました。


洋装の場合は、新郎にはあまり関係ないかもしれませんが。。

新婦のそばについている人がいてお世話してくれていること

くらいは分かると思います。


この介添え係りは、和装の場合、新郎の着付けや

ちょっとしたメイクもしてくれるそうです。

         

披露宴・新郎新婦にかかる費用

披露宴で新郎新婦にかかる、衣装やブーケ、
着付けなどのお金を説明します。

このカテゴリ内の記事


衣装代
ブーケ・ブートニア料
着付け料と衣装保管料
介添料







Yahoo!ブックマークに登録