Top >  披露宴とその費用 >  予約金とサービス料

予約金とサービス料

結婚式の会場・日にちが決まったら、

予約金を支払わなくてはいけません。


この予約金を支払うことで、

この日、この会場で式をするということが確定します。


結婚式はとっても多くのお金が使われますよね。

式場側も、無断でキャンセルされてしまっては困ります。。。


そんなことはないと思いますが、この予約金は

ほとんどの式場で支払うことになっています。


この予約金は、式場によっても違いますが、

大体3万円から20万円を現金で支払います。


私の結婚式場では、予約金は10万円でした。


この支払いの期限も、いつまでに支払うかは

式場によって違います。


もし自分たちの他に、同じ日時で式をやりたい人がいた場合、

予約金を支払っていないと、他の人が予約してしまうかもしれないので

早めに支払った方がいいと思います。


結婚式シーズンの6月、9月などは、式場によっては

日にちの調整が難しい式場もあるそうです。


早いもの勝ちで、予約金を支払った方が

希望の日にちになることもあるそうです。


大体は式の日にちと時間が決定してから、

次の打ち合わせの時位に支払いますが。。。


この予約金ですが、結婚式にかかるお金の一部なので、

結婚式のお金を支払うときに前に払った予約金分を引いて

支払います。


なので、予約金の領収書などは、式が終わるまで、

大切に保管しておいてくださいね!!


また、挙式・披露宴には、サービス料もかかります。


これはすべてにかかるのではなく、料理・飲み物代、宴席料など、

金額の10パーセントをサービス料として支払います。


この金額も少ないものではないので、

しっかり頭に入れておきたいですね。


これは、見積書にも載っています。

確認してみましょう。

         

披露宴とその費用

披露宴にはどのようなお金がかかるのか、
また、予約金やキャンセル料について説明します。

このカテゴリ内の記事


披露宴にかかるお金
予約金とサービス料
キャンセル料







Yahoo!ブックマークに登録